皷(鼓の俗字)

 

正字体に対して異なる字体を異体字といいます。異体字には「本字」「旧字体」「略字」「俗字」「別体」「古字」などがあります

例えば、

「古字」古い字体に基づく字を指す

「俗字」正字として認められた字体以外で通用されている文字を指す

 

 


皷
[読み]

[音]コ [訓]つづみ

[意味]

1 古く日本で、中空の胴に皮を張って打ち鳴らす楽器の総称。
2 中央が細くくびれた木製の胴の両端に皮を当てて、ひもで締めた打楽器。能楽・歌舞伎囃子(ばやし)などの大鼓・小鼓、雅楽の三の鼓などがあるが、狭義には小鼓だけをさす。
3 つづみを打つ。たたく。
4 奮い立たせる。励ます。
5 紋所の名。2の形を図案化したもので、種類が多い。

[正字体]

鼓


関連サイト

無料テンプレート(LibreOffice活用サイト)無料テンプレート(Microsoft Office活用サイト)無料カレンダー集
二字熟語三字熟語四字熟語
常用漢字五字熟語異体字一覧
翻訳本めもらんだーず